地形図の注記、地図記号。住宅地図、巨大な表などでは、数千から数万の段落が必要となるケースがあります。
OCRライブラリでは、メモリの許す限り無制限に段落を作ることができます。
以下は等高線と地図記号のある地形図で記号認識をした例です。A0超の地形図から約1万の地図記号を5秒〜10秒 (CPU速度に依存)で認識完了します。
下記のデモでは地図記号の取りこぼしが200個ほどありますが、認識率は100.00%でした。