head_img_slim
HOME > 業務内容ページ

業務内容

(1)情報漏洩ゼロの生成AIアプリケーション開発+カスタマイズ
(2)翻訳特化の生成AIを利用した、秘匿性が保証された、高コストパフォーマンスの英日・日英翻訳
(3)無償の生成AIコンサルタント
についての詳細内容。サンプル・デモの紹介、見積もりまでの流れ。(2)英日・日英翻訳は料金表あり。(3)生成AIコンサルタントは無償

情報漏洩ゼロの生成AIアプリケーション開発+カスタマイズ

photo ※:2024/02/12(月曜)にサービス開始予定
ChatGPTあるいはGoogle Cloud等の生成AIをカスタマイズしたりアクセスしたりするAPIを利用して、会社の製品サポート、事業所紹介、フロア案内に関するAIチャットシステムを構築します。
Googleの生成AIのAPIは未だ公開されていません。Googleの場合は最新のgoogle検索と連動している(ChatGPTは2024年1月時点で2023年の4月までの情報)ので、最新の情報に基づく活用をするには、Google Cloudの方が優れていると思われます。
期待して待ちましょう。

当社のアプリケーションでは、入力・出力のテキスト情報はサーバーに残ることはありません。入力情報がAIの再学習に使われることもありません。
カスタマイズでは、会社や組織、自治体等についての詳しい情報を追加学習します。所属する組織に関する詳細な知識によって外部の顧客が使うAIチャットシステムだけでなく、社内の企画部門が使う新規事業菜新製品のアイデアをリストアップしたり、 経営部門による問題解決をサポートするAIを簡単に構築することができます。

さらなる秘匿性の担保
アプリケーションのソースと追加学習のソースは全て開示するので、秘匿情報や新製品情報の追加も社内で行うことができます。
初期の社内情報に架空のもの(参考情報で当社の情報を入力したものを提供)を使うことが可能、秘匿情報を社外に漏らすこと無く、社内で追加学習内容を作成して生成AIを利用することが可能です。
また追加学習先を複数持つことも可能。顧客向けの開示情報と社内向けの開示情報を切り分けることができます。
秘密保持
ChatGPT API経由の利用であるため、テキストはサーバーには保存されません。
ChatGPT API経由の利用であるため、学習内容および利用者の入力はAIの学習に再利用されません。

将来的にはGoogle Cloudの生成AIのAPIをサポートしますが、まだAPIが未公開です。こちらの秘密保持に関する機能は不明です。

見積もりまで
NDA締結後に、zoom等によるオンライン打ち合わせ、その後に見積もり提示。性能については、当社の情報を使ったデモページを参照してください。


 

「翻訳品質評価ポイント」を参考に作業することで、翻訳チェックと修正・推敲のコストを1/4~1/10に削減します。

このポイントが0.93以上の場合の翻訳品質は、プロ翻訳者の上位10%の平均翻訳品質以上となっています。チェックの必要も、修正の必要もありません。
このポイントが0.90以上の場合の翻訳品質は、プロ翻訳者の上位20%の平均翻訳品質以上となっています。念のためチェックが必要ですが、修正の必要はほとんどありません。
ポイントが低いほど修正の必要な文の割合が増えます。
通常の技術書やマニュアル程度では90%以上の文はポイント0.87以上となっています。80%以上の文はポイント0.90以上となっています。
かなり専門的な内容の技術書や論文では、0.90以上のポイントの文は60%程度に落ちます。

秘匿性が保証された、高コストパフォーマンスの13カ国語下訳サービス

photo 生成AIを利用した13カ国語下訳サービスの提供

翻訳アシスト機能によって、翻訳文に翻訳の正確さのスコア(0.0~1.0で1.0が最も正確)を付けて出力することができます。
スコアの計算はChatGPT/OpenAIとは全く関係の無い、言語別の生成AIモデルによって計算しています。
スコアが高いもの(0.93以上)は、人間の翻訳家の中級翻訳者の平均的な翻訳文に匹敵するくらいの正確さです。

翻訳抜け、構文の違い、formalityの違い、専門用語の訳の違いなどがある場合はスコアが低く出力されます。
スコアが低いものに対して、プロの翻訳家によるチェックと校正も可能です(2024年1月22日時点で、英日・日英のみ)。
アスペクト(進行、完了)、時制(現在、過去、未来)・構文(受動態と能動態)・formality(相手の立場、ですます調とだである調)の違いなどのマーク機能を開発中(2024/02/26より機能リリース)。

プロの翻訳家が、翻訳スコア0.93未満の文だけをチェックすることでコストを大幅にカット。

主要13か国語(日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、韓国語、アラビア語、トルコ語)では専門分野の翻訳も可能。
それ以外の約50か国語(ヒンディー語やウクライナ語)では、専門用語を無理やり日常語で翻訳してしまうことがあります。現状(2024年2月05日)では対応不可とさせていただきます。

GPT 4.0を利用した翻訳は2023年春の登場当初は、2022年までのルールベース型の機械翻訳システムを上回る精度を発揮して、驚きをもって迎えられました。
ところが実際に利用してみると、「原文や訳文の情報が漏洩する」、「2021年9月以降の情報を知らない」、「同じ専門用語の訳語が文脈によって変わる」。 などの7つの問題が指摘され、要約やざっとした内容把握には向いているが、翻訳実務には向かないと評価されました。
翻訳デモページ(2024年2月19日開設予定)に7つの問題全てについて、詳細を説明しています。

生成AI翻訳の問題点解消
「原文や訳文の情報が漏洩する」問題の解消:ChatGPTそのものではなく、ChatGPTのAPIを利用したアプリケーションで翻訳することで解消しました。
「2021年8月までの情報しか知らない」問題の解決:GPT4自体の進化によって解消されました。2023年秋のGPT4の知識は2023年4月までのものが入っています。更新頻度も上がっています。
「同じ専門用語の訳語が文脈によって変わる」件の解消は、今までの訳の履歴を参照することでなされました。

翻訳品質評価ポイント付き下訳 単価表、いずれも税別(適格請求書発行事業者登録番号 5020002058179)

見積もり段階で高翻訳スコア(0.93以上)の比率が75~80%の場合が200円/1000文字
見積もり段階で高翻訳スコア(0.93以上)の比率が70~75%の場合が150円/1000文字
見積もり段階で高翻訳スコア(0.93以上)の比率が65~70%の場合が100円/1000文字
見積もり段階で高翻訳スコア(0.93以上)の比率が65%未満の場合は、下訳として不適格となります。見積もり段階で受注キャンセルとなります。
翻訳タイプ単価(およそA4版1ページ当たり、日本語では1000文字、英語では500ワード程度)
翻訳専用 GPT 4見積もり段階で高翻訳スコア(0.93以上)の比率が80%以上の場合、250円/1000文字
翻訳スコア機能付き。翻訳スコア0.93以上はチェック(修正)不要。アスペクト、時制、態、formalityの違いの自動チェックもサポート予定。
チェック、校正料金(オプション、2024/01/15時点では英語と日本語のみ順次拡張予定)、いずれも税別(適格請求書発行事業者登録番号 5020002058179)
監修内容単価(A4版1ページ当たり)
基本料金800円(翻訳品質評価ポイント0.93以上が80%以上)
やや高難度料金1000円(翻訳品質評価ポイント0.93以上が75~80%)
高難度料金1200円(翻訳品質評価ポイント0.93以上が70~75%)
かなり高難度料金1400円(翻訳品質評価ポイント0.93以上が65~70%)
超高難度料金受託できません(翻訳品質評価ポイント0.93以上が~65%)
日本語の原文を、外国語に翻訳する場合+200円
専門家チェック加算+400円(その分野の専門家が専門用語や内容のチェックを行います)
2024/1/22時点ではではIT、コンピュータサイエンス、言語学、生物(遺伝子工学、進化学)、動物(動物園、畜産、ペット)に対応)
低価格の秘密
GPT4は、無料版のChatGPTでも使われているGPT3.5の20~30倍の価格が設定されています。精度が高いため桁違いに高額です。
当社の場合、APIを利用することで、GPT4の低価格モデルを使うための工夫が複数使われています。
  1. 翻訳履歴(サーバーには残しません)の管理の最適化
  2. 翻訳で文脈を利用するための履歴(前の入出力文の)情報を圧縮しています。
  3. 翻訳結果の評価はGPT4以外の、特定言語に特化した大規模言語モデルを利用
  4. GPT4の利用料金の半額程度となります。

秘密保持
翻訳業務委託前に守秘義務契約の締結を行います
API経由の利用であるため、生成AIを利用してもテキストはサーバーには保存されません。
同様にChatGPT API経由の利用であるため、原文および翻訳文はAIの学習のために再利用されません。
ただし、履歴は 翻訳デモページ(2024/02/19開設予定)で、翻訳精度の詳しい情報をご覧いただけます。


 

(3)生成AIによるコンサルタント(無料サービス)

photo ChatGPTの生成AIを利用して、御社の問題解決
※:「(1)生成AIアプリケーション開発+カスタマイズ」は、本サービスを包含しています

詳細は生成AIによるコンサルタント(無料サービス)詳細ページをご覧ください。

秘匿性の担保
コンサルタントであるにも関わらず、当社に対して貴社の情報を一切開示する必要はありません。
事業・製品に関する情報欄はダミー情報(参考に当社の情報を記述)で提供。その部分を貴社の情報に書き換えることで、経営問題解決、新製品アイデアのリストアップ、新規事業アイデアのリストアップを行います。

無償サービスとなります
当社の情報を使った生成AIコンサルタントデモページ(2024/01/23開設予定)から、プロンプトをコピーして、当社の情報を御社の情報に編集してご利用ください。
情報漏洩に関する注意:「(1)生成AIアプリケーション開発+カスタマイズ」では情報漏洩の心配はありませんが、「(3)生成AIによるコンサルタント用(無料サービス)」では情報漏洩を防ぐための設定が必要です。

(1)を使わずにChatGPTで直接チャットする場合、「履歴を残さない」設定になっていないと、ChatGPTとのやりとりがサーバーに残り、やりとりがAIの再学習にも利用されます。詳しい設定方法は、当社の情報を使った生成AIコンサルタントデモページ(2024/01/23開設予定)をご覧ください。
設定を間違えると、御社の情報が生成AIの学習テキストとして使われる心配があるため注意して利用してください。
「(1)生成AIアプリケーション開発+カスタマイズ」を利用することで、はるかに高い情報精度と多い情報量で、履歴がサーバーに残ることもなく、AIの再学習に使われることも無い利用が保証されます。


 


ページトップに戻る